読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷちコン4参加しました

タイトル通りですが、株式会社ヒストリアさん主催の第5回UE4ぷちコンに参加しました。
ゲーム作品ではなく映像作品です!
f:id:jena444:20160418000645j:plain

【第5回UE4ぷちコン】Love Flower【映像作品】 by jena444 - ニコニコ動画


第1回ぷちコン以来の参加となりました。
前回が2014年7月に投稿したので、約2年ぶりの参加となりました。
(下の動画は記念すべきUE4初作品)

www.youtube.com

作成理由

今回、久しぶりにぷちコン参加をしましたが最初からゲームではなく、
映像作品を作成しようと思ったきっかけは
「ぷちコンで映像作品が少ないから、自分も作ってみよう」
という簡単な理由です。

あとは自称マチネ使いを名乗っていながら映像作品を作成した事がない為、
「最初から最後までマチネで作品を作ってみるとどうなんだろう」
という疑問もあり、とりあえず作成してみることに。

短期間での作成

いざ映像作品を作ろうと意気込みだけはありましたが、作業開始日は締切3周間前。
本来ならば、作成当時ちょうどバージョンアップして使用可能になったシーケンサー
使うべきでしたが、締切に間に合わない不安が出たので使い慣れたマチネを使うことに。

また、UE4と言えば花型はやはり3D表現ですが、あえてUE4らしくなさで
戦ってみようと2Dのグラフィックで表現してみました。
モデリング出来ないし、モーションも今の実力じゃ厳しいんだよね。

約3週間しか作成時間を確保出来なかったですが、時間の内訳は

1週間目:アイディア絞り出し
2週間目:3Dの土台に2Dのキャラクターを表現するように(ボツ)
3週間目:全て2Dで表現

となっています。

~1週間目~

UE4はアイディアを即プロトタイプを作成出来るので良いですが、
自分の場合はそこまで器用ではないので、最初の一週間はアイディアを
Evernoteに書きなぐりストーリーを考えました。

あとはノートにアイディアを書く事によって新たなアイディアを考えていました。
パソコンだけ使ってアイディアを考えるより、ペンで書きながらの方が
良いアイディアが思いつくので、煮詰まったときはノートとペンが相棒でした。

~2週間目~

ある程度のシナリオをまとめられたら、いよいよUE4の作業開始。
最初は「3Dと2Dを合わせると面白そう」というアイディアの元、
作成を進めました。ペーパーマリオみたいなイメージですね。

しかし、作成途中に3Dでマップを作る時間が明らかに足りていないことに気付き、
3Dでの表現を諦めることにしました。締切は大切大切。

~3週間目(ラスト1周間)~

最終週は全て2Dで表現すように軌道修正。
プロジェクトは2Dのテンプレートではなく空のプロジェクトを使用しました。
理由としてはカメラの動きは3Dで表現したかったからです。
(カメラの動きはほとんどタテヨコにしか動いてませんが)

時間が限られている中での制作になりましたが、なんとか完成。
動画はShadowPlayで録画して提出(メールの提出は日付跨ぎましたが)。

プロジェクトの中身

作品をエディターで見るとこんな感じです。ペラペラ!

f:id:jena444:20160426223836p:plain

画像ファイルと取り込み自体は簡単で、
pngファイルをエディタ上にコピーしてテクスチャ化」
     ↓
「右クリック>Sprite Actions>create Sprite」

という2ステップであっさり取り込み完了。

取り込んだ画像をマチネで味付けしていきました。



f:id:jena444:20160426224652j:plain
f:id:jena444:20160426225145j:plain
上の画像は最初の女性が歩いているシーンと同場面のキーフレーム。
数秒ごとに女性の座標をひとつひとつ指定することにより歩いているように見えます。
そうです。今回の映像作品のキーフレームは全て手打ちです。


今回、カーブエディタに関しては「Auto」「Linear」「Constant」の3つです。
キーフレームのカーブについては公式に詳しく書かれています。↓

Unreal Engine | カーブ エディタ

大した技術は使ってませんが、基本を正しくこなせばより良い作品を作ることも可能かと思います。

こだわったポイント

1.動画の長さはできるだけ短く

ぷちコンは動画が応募基準となっています。
ゲームを遊んでもらう場合、数十分以上遊んでいても飽きはなかなか来ませんが、
動画は作品の面白さに気付いてもらえないと飽きが早くなるのでは?と思いました。

ましてや近年のぷちコンは応募者数が第一回と比較して沢山の動画が作成されます。
その中で埋もれてしまう危険性がある為、極力長い動画にせず、短い動画にして
プチッと楽しんでもらえればと考えました。
(私の動画は3分26秒でした)

2.文字を極力使わない動画に

以前「TROICA」という作品を作った際、プレイする人にゲーム内に字幕を入れ、
雰囲気を理解しやすくしようと考えていました。動画↓
【ニコニコ自作ゲームフェス5】TROICA【UE4】 by jena444 ゲーム/動画 - ニコニコ動画

しかし、今回は映像作品。安易に文字に頼って良いものかと考え、
いっそのこと文字をタイトルと曲名以外出さないようにしました。

そのため、ピクトグラムの動きだけで表現しなければならないので、
映像のストーリーは極力わかりやすく作成しました。

まとめ

久しぶりのぷちコン参加となりましたが、自分のこだわりを貫きつつ、
最終的には締切との勝負となりました。

一時は締切に間に合わないんじゃないかと思いましたが、
なんとか完成して、提出も出来たのでひとまず締め。

一区切りつきましたので、また別のゲーム作りを頑張って行こうと思います。


余談
・UE4のスクリーンショットだとマチネのカーブエディタ非表示になってしまったので
 Windowsのスクショと使い分けて撮りました。

※追記(2016/5/18)

本作品がなんとグットルッキング賞を受賞しました!
historia.co.jp

UE4作品を作成して受賞したのは人生初です。ありがとうございました。